スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボディピアス ホットソーク ケア方法 

カテゴリ:アフターケア

ホットソークの方法を詳しく書いていきます。

ホットソークとはピアッシング直後や、調子の悪いホールを暖かい塩水に数分間浸すケアのこと。

個人的な見解ですが、ホットソークは、肉芽の治療や、ホールを早く作るためというよりも、ホール内の死んだ細胞や雑菌など、新しい細胞を作るのに不要なものを体外に排出する事で化膿する事を防いだり、肉芽の予防をするものだと考えます。
つまり、ホールが順調に完成するための、補助的なケアです。
完成したホールに対しても拡張を行っている場合や、ホールの周辺が赤く腫れてきている時など、ちょと調子がおかしいなと思った時には効果的だと思います。


【ホットソークの方法】

カップに200CCほどのぬるま湯(40℃ぐらい)を入れ、そこに小さじ1/4の天然塩を入れます。
そして患部をぬるま湯に、10~15分ほど浸します。
途中で、冷めてしまったらまた40℃ぐらいのものに交換します。
浸しにくい場所は、塩水をコットンにたっぷり浸し、数回交換しながら計10~15分ぐらい暖めます。
終わったら、塩気をお湯で流します。
一日1回~2回行ってください。入浴前などがやりやすいです。

【塩の濃度について】

カップ200CCに小さじ1/4(1.25g)の塩、これで大体0.6%ぐらいの塩水になります。人体の塩分濃度と同じ、0.9%程度がいいという方もいます。
またそれ以上濃くてもいいという方もいますが、あまり塩分濃度を濃くしすぎるとかえって細胞にダメージを与えてしまいますので、多くても1%くらいが適切ではないかと思います。
参考までに海水の濃度が3.2~3.5%です。

【塩の種類は天然塩】

天然塩には、塩化ナトリウムのほか人体に必要なミネラルが含まれており、ホットソークにより死んだ細胞や雑菌など、新しい細胞を作るのに不要なものを体外に排出してくれます。
また、細胞がミネラルを吸収するとも言われております。
ちなみに天然塩で、有名なものは伯方の塩などなど。
食卓塩は、駄目です。
食卓塩は、塩化ナトリウムが99%で、他のミネラルは、ほぼ無いです。
これでホットソークを行うと、かえって細胞を傷つけてしまうので食卓塩でのホットソークはやめましょう。

【ホットソークの注意】

ホットソークはピアスをつけたまま行いますので、ファッションピアスや石つきのボディピアスなどは塩分による変色などが起こる可能性がありますので、SUS316Lのステンレスやチタンなどのボディピアスを使用してください。
スポンサーサイト
[PR]

ピアッシング アフターケア クレアラシル洗浄 

カテゴリ:アフターケア

だいぶ季節も夏に近づいて暑くなってきましたね。

ピアスを多くしている方にはたくさん汗もかく季節ですし、ピアスホールのケアも大変ですよね。

本日は私がずっと愛用しているものをご紹介します。
某ピアッシングスタジオで勧められて以来ずっと使用しています。

クレアラシルの薬用洗顔フォームです (フェイスウォッシュ)

他の薬用洗顔フォームでもボディピアスのケアとして適しているものもありますが、殺菌作用が弱かったり、人によっては肌荒れを起こしてしまいやすいものもあり、クレアラシルの薬用洗顔フォームが最適のようです。使い方は簡単で、泡で出てきますのでピアスホールに馴染ませて数分放置、そのあと丁寧に洗顔フォームを流すだけです。入浴時や洗顔時に行うのがいいですね。耳以外のボディピアスにも泡状なのでとても使いやすいですよ。

ピアスの傷は、治癒期間が1年以上掛かる箇所もあり完全治癒するまでは継続的にケアが必要です。一時的な消毒であれば、エタノール、オキシドールなどによる消毒で大丈夫なのですが、これらのものでピアスの傷を消毒してしまうと、刺激が強いためピアッシング部位をかぶれさせてしまったり、傷口の治癒の遅延、肌荒れや傷口があれたりするので使用はしないで下さい。



ボディピアス 肉芽 クエン酸治療 

カテゴリ:アフターケア

肉芽 クエン酸治療

ピアスホールが不調で肉芽ができてしまった。
けっこうよくききますね。
わたしも以前、肉芽ができてしまい自己流ですが治療しました。
今はすっかり完治しております。

いろいろと方法はあるようですが、参考になればとおもいます。

以下はできたての小さな肉芽に効果があった方法です。
かなり大きく育ってしまった肉芽には効果がないと思いますので皮膚科での治療をおすすめします。


【準備】
・クエン酸 (薬局購入出来る結晶状の物・食用の物)
・人肌より少し熱めのお湯
・肉芽部分に張り付く大きさにカットした小さいコットン

お湯に大さじ10杯くらい大量にクエン酸を溶かします。
舐めてみてかなり酸っぱい具合がベスト。
それにコットンを浸して肉芽に貼付けます。
しばらくピリピリとした痛みがありますが、クエン酸がきいている証拠です。
慣れて来たくらいでコットンを剥がして下さい。
洗い流したのち、ホットソークを行うとより効果があるようです。
だんだんと肉芽が瘡蓋状になり、4日、5日と続ける事でどんどん肉芽が治癒されていきます。

ただし皮膚が弱い方は荒れてしまう可能性があるので別の部位でパッチテストを行って下さい。

ボディピアスのケア ホットソーク  

カテゴリ:アフターケア

ホットソークの方法を詳しく書いていきます。

ホットソークとはピアッシング直後や、調子の悪いホールを暖かい塩水に数分間浸すケアのこと。

個人的な見解ですが、ホットソークは、肉芽の治療や、ホールを早く作るためというよりも、ホール内の死んだ細胞や雑菌など、新しい細胞を作るのに不要なものを体外に排出する事で化膿する事を防いだり、肉芽の予防をするものだと考えます。
つまり、ホールが順調に完成するための、補助的なケアです。
完成したホールに対しても拡張を行っている場合や、ホールの周辺が赤く腫れてきている時など、ちょと調子がおかしいなと思った時には効果的だと思います。


【ホットソークの方法】

カップに200CCほどのぬるま湯(40℃ぐらい)を入れ、そこに小さじ1/4の天然塩を入れます。
そして患部をぬるま湯に、10~15分ほど浸します。
途中で、冷めてしまったらまた40℃ぐらいのものに交換します。
浸しにくい場所は、塩水をコットンにたっぷり浸し、数回交換しながら計10~15分ぐらい暖めます。
終わったら、塩気をお湯で流します。
一日1回~2回行ってください。入浴前などがやりやすいです。

【塩の濃度について】

カップ200CCに小さじ1/4(1.25g)の塩、これで大体0.6%ぐらいの塩水になります。人体の塩分濃度と同じ、0.9%程度がいいという方もいます。
またそれ以上濃くてもいいという方もいますが、あまり塩分濃度を濃くしすぎるとかえって細胞にダメージを与えてしまいますので、多くても1%くらいが適切ではないかと思います。
参考までに海水の濃度が3.2~3.5%です。

【塩の種類は天然塩】

天然塩には、塩化ナトリウムのほか人体に必要なミネラルが含まれており、ホットソークにより死んだ細胞や雑菌など、新しい細胞を作るのに不要なものを体外に排出してくれます。
また、細胞がミネラルを吸収するとも言われております。
ちなみに天然塩で、有名なものは伯方の塩などなど。
食卓塩は、駄目です。
食卓塩は、塩化ナトリウムが99%で、他のミネラルは、ほぼ無いです。
これでホットソークを行うと、かえって細胞を傷つけてしまうので食卓塩でのホットソークはやめましょう。

【ホットソークの注意】

ホットソークはピアスをつけたまま行いますので、ファッションピアスや石つきのボディピアスなどは塩分による変色などが起こる可能性がありますので、SUS316Lのステンレスやチタンなどのボディピアスを使用してください。


ボディピアスのケア ホットソーク 

カテゴリ:アフターケア

ホットソーク、これおススメです。
ちょっとホールの調子がわるいなぁと思っている方一度試してみてください。

ピアッシング後のケアで効果が絶大と言われているのが、ホットソークというケア方法です。
ホールの調子が悪くなった際や、肉芽の予防にも最適ではないかと思います。

これは、清潔な容器に入れた体温より少し高め(40℃位)のお湯200ccに対して海水から精製された天然の塩 (食卓塩は使わないでください)約小さじ4分の1を溶かし、ピアッシング部位を浸すというケア方法です。
体温より下がったら交換して、計10分程度を1日1回行います。これによって、元々人間が持っている傷を治すための 細胞代謝率を高め、回復を早めます。

この方法で特に効果が見られるのは、軟骨部のピアッシングホールなのですが、その他のサーフェイスなどの部位においても効果が確認されています。 また、完成されたピアッシングホールの調子が悪くなった時などにも効果的です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。