スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボディピアス ホットソーク ケア方法 

カテゴリ:アフターケア

ホットソークの方法を詳しく書いていきます。

ホットソークとはピアッシング直後や、調子の悪いホールを暖かい塩水に数分間浸すケアのこと。

個人的な見解ですが、ホットソークは、肉芽の治療や、ホールを早く作るためというよりも、ホール内の死んだ細胞や雑菌など、新しい細胞を作るのに不要なものを体外に排出する事で化膿する事を防いだり、肉芽の予防をするものだと考えます。
つまり、ホールが順調に完成するための、補助的なケアです。
完成したホールに対しても拡張を行っている場合や、ホールの周辺が赤く腫れてきている時など、ちょと調子がおかしいなと思った時には効果的だと思います。


【ホットソークの方法】

カップに200CCほどのぬるま湯(40℃ぐらい)を入れ、そこに小さじ1/4の天然塩を入れます。
そして患部をぬるま湯に、10~15分ほど浸します。
途中で、冷めてしまったらまた40℃ぐらいのものに交換します。
浸しにくい場所は、塩水をコットンにたっぷり浸し、数回交換しながら計10~15分ぐらい暖めます。
終わったら、塩気をお湯で流します。
一日1回~2回行ってください。入浴前などがやりやすいです。

【塩の濃度について】

カップ200CCに小さじ1/4(1.25g)の塩、これで大体0.6%ぐらいの塩水になります。人体の塩分濃度と同じ、0.9%程度がいいという方もいます。
またそれ以上濃くてもいいという方もいますが、あまり塩分濃度を濃くしすぎるとかえって細胞にダメージを与えてしまいますので、多くても1%くらいが適切ではないかと思います。
参考までに海水の濃度が3.2~3.5%です。

【塩の種類は天然塩】

天然塩には、塩化ナトリウムのほか人体に必要なミネラルが含まれており、ホットソークにより死んだ細胞や雑菌など、新しい細胞を作るのに不要なものを体外に排出してくれます。
また、細胞がミネラルを吸収するとも言われております。
ちなみに天然塩で、有名なものは伯方の塩などなど。
食卓塩は、駄目です。
食卓塩は、塩化ナトリウムが99%で、他のミネラルは、ほぼ無いです。
これでホットソークを行うと、かえって細胞を傷つけてしまうので食卓塩でのホットソークはやめましょう。

【ホットソークの注意】

ホットソークはピアスをつけたまま行いますので、ファッションピアスや石つきのボディピアスなどは塩分による変色などが起こる可能性がありますので、SUS316Lのステンレスやチタンなどのボディピアスを使用してください。
スポンサーサイト
[PR]

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。