スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンバット 18K ゴールド ボディピアス 

カテゴリ:未分類

国民栄誉賞の記念品として、長嶋氏と松井氏には特注の“金バット”が贈られた。

 先月18日に安倍首相がテレビ出演した際に、長嶋、松井両氏の希望の品として明かしていたもの。バット状に加工した純銀の表面を、光沢のある純金メッキで仕上げた。全長約86センチ、重さは約2キロ。内部は空洞になっている。表面には首相の自筆による「3 長嶋茂雄」「55 松井秀喜」の文字が手彫りされ、グリップエンドには授与式の日付などが刻まれた。

 現在の銀相場は1グラムあたり約75円で、2キロなら約15万円。メッキ料金について、都内の業者は「使う金の量にもよるが、あの大きさなら最低20万~30万円はかかる。ただ“一品もの”の記念品で、価格の推定は難しい」としている。さらに銀をバット状に成形する加工費などが加わるとみられる。同賞の記念品は、100万円前後が通例となっている。

東京ドームでは2人の受賞記念展示を8日まで開催中で、金バットも6日から飾られる。


ゴールドっていいですよね。
でもボディピアスのゴールドを選ぶ時にははちょっと気をつけてくださいね。

18K Gold

75%が純粋な金で残りの25%が身体に影響の少ないパラジウムで組成されている素材。
ソリッドゴールドのみの品揃えで、メッキ(コーティング、ゴールドプレイテッド)のものはアレルギーを引き起こす可能性があります。

割合によってゴールドカラーの色味や風合いに変化がつけられています。
イエロー・ゴールドは透明感のあるいやみのない雰囲気で、やわらかく上品な仕上がりです。ホワイト・ゴールドは“プラチナ”を想わせる奥行きある輝きで、ステンレスなどの銀色に見比べると若干イエロー・ゴールドの風合いも持つ高級感があります。
ホワイト・ゴールドには素材自体に白味を持たせる為の成分として“ニッケル”を含んでいるものが多く見受けられますが、ピアッシング・ジュエリーとしてはこの“ニッケル”は深刻なアレルギー反応等の体質変異を起こす原因となります。

また、ニッケルは装用期間が長くなる程にジュエリーの輝きが鈍る原因ともなります。
ホワイト・ゴールドは金属アレルギーの元となる“ニッケル” を一切使用せず、アレルギー等人体への影響が極めて低いとされる【Palladium】(パラジウム)という成分を代用することで、安心していつまでも身に付けられるものとなっています。

また、他の装飾品に見られるような[18kt.]などの18金素材を表す刻印は、他のアクセサリーと異なり、身体(あるいは傷)に直接装着されるボディージュエリーとして、安全性をまず第一に考慮した上で、そういった細かい溝は衛生的に良くないので刻印のないものです。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oioioioi696969.blog.fc2.com/tb.php/29-77f0cfda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。